腰痛の改善なら口コミ・評判の当院にお任せください。

〒246-0023 神奈川県横浜市瀬谷区阿久和東2-6-11
(三ツ境駅よりバスで6分 谷戸阿久和バス停目の前)泉区・緑区・旭区からも来院

お気軽にお問合せください
営業時間:9:00~20:00(土曜16:00まで)
定休日 :日曜
整体料金
初回14000円→HP割引4000円(税別)
2回目以降8500円(税別)

【完全予約制】お電話でのお問合せ・ご予約

045-363-0533

立ちっぱなしで痛い腰痛を改善しよう!

立ちっぱなしで痛い腰痛の犯人は?

立つ時に痛い腰痛

このページでは、立ちっぱなしでの腰痛について書かれています。

立位で仕事をしている方や立ちっぱなしの電車通勤などでで痛い腰痛があるというような方に読んでほしい内容になっています。

関連記事

腰痛の原因と予防法

通勤・通学中の腰痛

 

腰痛で悩んでいる人のお役に立てれば嬉しい限りです。

また、この記事は、柔道整復師の院長が執筆しています。

 

立ちっぱなしで腰痛になってしまうあなたへ

 

よく、立っていると腰が痛いとか、坐骨神経痛がでる。というご相談を受けます。

座っている時は、腰が痛くない…というのが共通点です。

 

その逆で座っている時に腰痛になる人もいます。

関連記事

デスクワークでの腰痛

 

パートのレジで立位の時間が多いパートの主婦の方

接客で立たないといけない職業の方

通勤や通学で座ることができない方

など様々な生活環境で、このタイプの腰痛になります。

では、まず理由から

この理由はいくつかあるのですが代表的なのを4つあげます。

 

まず一つ目

1)姿勢維持筋の問題

姿勢維持筋とは、いわいるインナーマッスルです。

インナーマッスルは、体幹の筋肉をいいます。

この体幹の筋肉は、骨格の深部に存在し、背骨などを支持し支えてくれています。

ですので、この筋肉になにかしらの問題があると、長時間の立ちっぱなしに耐えることができず腰痛になってしまいます。

骨格筋は、様々な役割をしてくれますが、とりわけこの体幹の筋肉は、重要です。

 

人間は、30歳から1%づつ筋肉が衰えるという統計があります。

これは当然ですが、インナーマッスルも含まれていますので、年々筋肉が衰え徐々に骨格を支えることができにくくなることを意味すると思います。

主な腰痛と関係するインナーマッスル 

とは、
 

脊柱起立筋:背骨をささえる筋肉です。

腸腰筋群:股関節と腰椎を繋ぐ筋肉です。

内転筋群:下肢の内ももの筋肉です。

 

などがあります。

これらの筋肉が弱くなると骨格をささえににくくなり腰痛になりやすくなります。

そんな時は、体幹の筋肉を鍛えるように頑張りましょう!

関連記事
立ち仕事での腰痛

腰痛体幹筋トレ

 

2)炎症性

ぎっくり腰などの急性期の腰痛では、立つことも大変になるくらいの痛みに襲われます。

これは、腰回りの関節や筋肉に炎症があるためにおこる腰痛です。

そのために、立位姿勢が多いと、腰痛を悪化させてしまうことがあります。

まずは、安静にして炎症を抑えるようにしましょう。

関連記事
ぎっくり腰の方へ

 

 

2)固まっている

筋肉や関節が固まってしまう状態です。

そのため、血流が悪くなり、結果症状が悪化します。
よく慢性腰痛の方にあるパターンですが関節が固まってしまうがために、おこる症状です。
筋肉が固まりすぎてしまうと、筋線維(筋肉を構成する素材)が萎縮してしまいます。

そのため、腰など骨格の筋肉が、凝り固まり腰痛になりやすくなります。

主に運動不足も原因になりますが、あまり急激な運動をしてしまうことを逆に筋肉を傷つけてしまうこともあり、気をつけないといけません。

これは、筋肉だけではなく関節にも言えることです。

特に、立位で痛いくなる腰痛の人で目立つのが、股関節の固さです。

股関節と腰椎は、同じ筋肉を共有していることが多く、その代表的な筋肉が、腸腰筋です。

この腸腰筋が固くなると股関節の動きが悪くなり、それと同時進行で腰への負担も大きくなってしまいます。

そのため、股関節がこのタイプの腰痛を改善させる時のキーワードになります。

関連記事

 

 

4)姿勢が悪い

これは、主に猫背の人に多い症状です。

姿勢が悪いがために立位の時に腰への負担が大きくなってしまう現象です。

人間の頭は、意外に重く、腰などにかかる負担も大きいものです。

これは、二足歩行の人間の弱点ともいえると思います。

この弱点を補うためにも姿勢を改善させることが大切です。

ただでさえ、不安定な人間ですので、ここで姿勢が悪くなると腰への負担がかかってしまうことは、容易に想像できると思います。

 

人間はバランスを保とことで健康でいられるといっても過言ではありません。

食生活・ストレス・運動・休憩・睡眠などバランスを維持することで生きています。

そのため、このバランスが崩れた時に病気になると当院では考えています。

 

骨格のバランスの崩れは、すなわち身体の歪みです。

この体の歪みがあるときに、立ちっぱなしでいると、変なところに負担がかかってしまい腰痛になりやすくなります。

普段より良い姿勢を意識して生活することが、まずは大切です。

 

関連記事

歪みをとる整体について
生活習慣で腰痛を改善させよう

お問合せ・ご予約はこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

045-363-0533

営業時間:9:00~20:00(土曜16:00まで)
定休日:日曜

当院は医業類似行為であり、診断・治療行為は一切行っていません。
また掲載されている感想は個人のものであり効果を保証するものではございません。

お問合せ・ご予約

お電話でのお問合せ・ご予約

045-363-0533

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お客さまの声

丁寧な対応に安心

熊田様

丁寧に対応していただき家族でお世話になっています。

人にお勧めしたい

上田様

知人にもお勧めしたいです。今後ともよろしくお願いします。

当整体院は、横浜市瀬谷区三ツ境・旭区希望ヶ丘・泉区新橋・立場・中田・緑区十日市場・栄区・戸塚区・磯子区・中区・南区・西区・都筑区・金沢区・鶴見区・保土ケ谷区・青葉区・港北区・港南区・金沢区の横浜市全域の方にご利用されています。

このような症状に

当院は横浜市の整体です。口コミが評判のです。

慢性腰痛を改善させる整体

この当院へ1番多いのが腰痛の症状です。
腰痛・慢性腰痛・起床時に腰が痛い・重い・腰回りの痺れ・鈍痛・ギックリ腰・歩くとい痛い・立つだけで痛む・背中の痛み・お尻が痛い・背骨が痛い・足をつくと腰が痛い・ぎっくり腰を繰り返す・腰痛で気分が落ち込む・腰が疲れる・鈍痛・片方・右側・左側の腰痛・疲労など 詳細はこちら

椎間板ヘルニアを
改善させる整体

ヘルニアの症状も多く来院されています。
ヘルニア出っ張り・椎間板狭小・手術しかないと言われた・しびれ・足をつくと痛い・坐骨神経痛・座ると痛い・デスクワークで痛い・安静にすると痛い・安静にすると楽になるなど
詳細はこちら

脊柱管狭窄症を
改善させる整体

狭窄症の症状も来院されます。
間欠性跛行・歩くと痛い・歩けない・狭窄症と言われた・シビレ・神経痛・反らすと腰が痛い・背中が伸びない・高齢者・お年寄り・旅行に行きたい・歩きたいなど
詳細はこちら

坐骨神経痛を
改善させる整体

足が痺れる・お尻が痛い・足をつくと痛い・坐骨神経痛と言われた・足が重い・歩くと痛む・冷えると辛い・慢性的な神経痛・マッサージに通っているなど
詳細はこちら

五十肩を改善させる整体

五十肩・四十肩・肩・腕が上がらない・夜寝ると痛い・夜間痛・拘縮・肩を動かすと痛い・腕が重い・だるいなど
詳細はこちら

045-363-0533

院長ごあいさつ

藤井 真也

柔道整復師がこのサイトを運営しています。
 

アクセス・営業時間

住所

〒246-0023 神奈川県横浜市瀬谷区阿久和東2-6-11

アクセス

三ツ境駅よりバスで6分 谷戸阿久和バス停目の前

営業時間
 
午前 ×
午後 ×

9:00~20:00(土曜16:00まで)

定休日

日曜