腰痛の改善なら口コミ・評判の当院にお任せください。

〒246-0023 神奈川県横浜市瀬谷区阿久和東2-6-11
(三ツ境駅よりバスで6分 谷戸阿久和バス停目の前)泉区・緑区・旭区からも来院

お気軽にお問合せください
営業時間:9:00~20:00(土曜16:00まで)
完全予約制
定休日 :日曜

【完全予約制】お電話でのお問合せ・ご予約

045-363-0533

腰痛運動の工夫の仕方
横浜市瀬谷区あくわ整骨院

このページでは、「腰痛に対する運動」はどのようにして行うべきなのか?

について書かれています。

・腰痛を運動でどうにかしたい。

・腰痛予防の運動もしていきたい。

など

どのようにして、腰痛の運動を行えば、よいのかわからない方に読んでいただきたい内容です。

 

腰痛に対する運動は、無理せず行うようにしてくださいね。

腰痛の運動を工夫しよう|横浜市の整体

このページでは、「腰痛に対する運動」はどのようにして行うべきなのか?

腰痛に対する運動

1、ウォーキング(歩く)

よく腰痛にウォーキングがよいと、皆さんもご存知だと思います。

しかし、よいのはわかっていても、なかなか行動にうつせない方も多いようです。

ウォーキングなどの運動は、継続が大事になります。

まずどうすれば継続できるのかについてかなりましょう。

 

◇日常生活の中にウォーキングを取り入れる

やはり人間は、自分の意思で行おうとすると、弱さが出ます。

・今日は寒いからやめとこう

・また明日から始めよう

一度、歩くのをやめてしまったら、そのまま歩かなくなくなってしまう。

といった方も多いのではないでしょうか。

 

そこで、腰痛に効果の大きいとされるウォーキングを日常生活に習慣化させることが大事です。

 

そのためには

「自動車やバイクの乗る機会を減らす」

ことがおすすめです。

自動車やバイクはとても便利な乗り物です。

しかし、何でも自動車やバイクに乗ってしまうと、下半身の筋肉は衰える一方でしょう。

下半身の筋肉をつけるために、出来る限り、自動車やバイクを控え、歩いて出かけることにしましょう。

 

例えば、買い物に歩いて出かけた時に、毎回、自動車バイクでは、買い物に行ったいう事実しか残りません。

しかし、あえて歩いていけば、下半身の筋肉も鍛えられ、買い物もできるという「一石二鳥」になるわけです。

この時に、買い物の荷物が重たい時に、歩くと、負荷がかかりやすくなり、筋肉も鍛えやすくなります。

※あまりにもきつい時は無理はしないようにしましょう。

 

買い物の荷物も、右腕・左腕など左右対象に持たれると、腰への負担が減り、腰痛になるなりにくく、効率的に下半身の筋肉を鍛えることができるのです。

 

◇電車やバスで街歩く電車やバスを控えて歩く

通勤などで、電車やバスを使う方は大勢いらっしゃいます。

しかし、そのまま、電車やバスを乗るのではなく、ひとつ前の駅やバス停で降りて、あえて歩くことが大事です。

これは意外にやってる方が多いと思います。

 

そこで、さらなる工夫として、

電車やバスであえて降りた時に、歩くついでに、公園などに立ち寄り、軽めに運動してから帰る。

 

これは公園ではなくてもよいのですが、少しカラダを動かしてからご帰宅されると、翌朝の腰の状態が全然違います。

 

例えば、

・公園のベンチで、下半身のストレッチをする

・鉄棒を使って腕立て伏せをしてみる

・公園の周りを回ったりして少しジョギングして帰る

など、公園の遊具や健康器具を使って腰痛体操をするのはとてもよいのでないでしょうか。

 

スポーツジムなどに通うと、お金もかかるものですし場所も限られてしまいます。

しかし、身近にあるものや道具を使うことでお金と時間をかけず継続しやすい腰痛体操ができます。

 

その一環として、ご帰宅帰りのスキマ時間を使い公園などで運動してからのご帰宅をおすすします。

 

・手足に「重り」などを着けて通勤する

手足に重り(ウエイト)などをつけ下半身に負荷をつけて歩くとより筋肉量がつきやすくなります。

当然、重りをつけることで、下半身が重たくなったりする場合もあるかもしれませんが、これは筋肉トレーニングでは当然の事です。

 

あえて負荷をかけることによって、下半身の筋肉を増大させます。

したがって、あえて重いウェイトをつける事は、筋肉をつける近道になるのです。

 

◇身近にできる筋力トレーニング

仕事や家事で忙しくてなかなか筋肉トレーニングできないと言う方もいるでしょう。

特にデスクワークの腰痛で悩まれて方は、スキマ時間に行う筋力トレーニングをおすすめします。

 

例えば、

・デスクワークなどで長時間座っている時に、まめに立ち上がり、スクワットをする。

長時間座っていると腰周りの筋肉などが硬くなり腰痛なりやすくなります。

 

そのために、こまめに腰回りのストレッチをすることが大事です。

このストレッチと合わせて筋力トレーニングをするのをおすすめします。

 

長時間デスクワークの仕事が何年も続くと、下半身は自然と衰え筋力も低下します。

この時に、筋力低下と同時に関節の動きも悪くなり、腰痛をこじらせやすくなります。

そうならないためにも、日々の仕事の中で、下半身の筋肉をつける運動を付け加えるとよいでしょう。

 

スクワットは下半身の筋肉を積極的に使います。

そうすることで下半身の血流量も上がり、腰回りの筋肉に、酸素や栄養素が行き渡り腰までの筋肉によい変化をもたらします。

例えば、1時間のデスクワークで集中したら10回ほどスクワットする 。

さらに、時間的に余裕があれば、股関節を回したり、ハムストリング(モモの筋肉)を心地よく伸ばしてあげるのも(ストレッチ)をしてあげるのも有効です。

 

腰痛体操の目的は、

・筋力をつける

・関節可動域を上げる

・筋肉の柔軟性をつける

の3つが大事だと当院では考えています。

この3つが、人間の骨格がよい状態にキープできる条件だといえるのです。

・筋肉がなければ、体を支えることができません。

・関節動きが悪ければ、腰や首に負担がかかります。

・筋肉の柔軟性がなければ、体がスムーズに動かす事ができません。

ですのでこの3つを意識して日常生活を送ることが大切です。

 

イス座るときに「背もたれ」を使わない

イスに座るときに「背もたれ」などによりかかってしまうと体は自然と猫背になってしまいます。

また、その時は、体幹の筋肉を使わないために、背中の筋肉も衰えてしまう傾向があります。

 

そのために、イスに座る時は、「背もたれ」を使わず姿勢をまっすぐ伸ばすように心がけ背中の筋肉を存分に使ってあげてください。

そうすることで、背中の筋力トレーニングになり体幹の筋肉を鍛えることができます。

※なぜ体幹の筋肉が大切なのかと言うと、体幹の筋肉は背骨や骨格を支える大切な筋肉だからです。

よい姿勢をキープできるになると、見た目がよい(美しい)だけではなく、腰への負担が自然と軽減されます。

このよい姿勢をキープするために体幹(インナーマッスル)の筋肉が必要不可欠なのです。

 

◇歩きながら、股関節や肩関節をぐるぐる回す

ウォーキングで通常に歩くだけでは、もったいないです。

股関節や肩関節を回すことで、関節の最大可動域が上がり、だんだん関節の動きがよくなってきます。

関節の動きがよくなってくると、腰の負担なくなり、腰痛予防になります。

腰痛がある、ほとんどの方が肩や腰の肉がガチガチに固まっています。

この肩や腰の筋肉を緩めるのに、

・肩関節を回す

・股関節を回すのといった運動が大変有効なのです。

関節を大きく大きく関節を回すようにしてください。

この時にウォーキングなどの有酸素運動で鳥の時に動かすと大変動きが良くなります。

 

3、子育ての方は、お子様を抱えながらスクワット

お子様はきっと数キロの体重があると思います。

このお子様の体重を利用し、正しい姿勢でスクワットをすると下半身の筋肉が鍛えられてることができます。

この時に、腰に負担がかからないように背筋と伸ばし下半身の筋肉を意識しながら行うようにしてください。

そうすることでそうすることでお子様を寝かしつけながら下半身の筋肉を鍛えることができます。

 

など、日常生活の動作を工夫すると様々な運動することできます。

これはあくまで無理せずできる範囲で継続させることが大事です。

このような運動指導を当院では行っています。

腰痛でお困りの方はぜひ当院にお気軽にお問い合わせください。

特別なお知らせ

1日2名【初回限定】
通常15,400円

2,980円
(税込み3,278円)
※2回目以降8,500円(税込み9,350円)

国外・県外からも来院する。
横浜の腰痛専門あくわ整骨院

当院は医業類似行為であり、診断・治療行為は一切行っていません。
また掲載されている感想は個人のものであり効果を保証するものではございません。

お問合せ・ご予約

お電話でのお問合せ・ご予約

045-363-0533

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お客さまの声

丁寧な対応に安心

熊田様

丁寧に対応していただき家族でお世話になっています。

人にお勧めしたい

上田様

知人にもお勧めしたいです。今後ともよろしくお願いします。

当整体院は、横浜市瀬谷区三ツ境・旭区希望ヶ丘・泉区新橋・立場・中田・緑区十日市場・栄区・戸塚区・磯子区・中区・南区・西区・都筑区・金沢区・鶴見区・保土ケ谷区・青葉区・港北区・港南区・金沢区の横浜市全域の方にご利用されています。

院長ごあいさつ

藤井 真也

柔道整復師がこのサイトを運営しています。
 

アクセス・営業時間

住所

〒246-0023 神奈川県横浜市瀬谷区阿久和東2-6-11

アクセス

三ツ境駅よりバスで6分 谷戸阿久和バス停目の前

営業時間
 
午前 ×
午後 ×

平日9:00~20:00
土曜9:00~16:00

定休日

日曜(祝日は不定休)
※お問い合わせ下さい

このような症状の改善に

慢性腰痛

この当院へ1番多いのが腰痛の症状です。
腰痛・慢性腰痛・起床時に腰が痛い・重い・腰回りの痺れ・鈍痛・ギックリ腰・歩くとい痛い・立つだけで痛む・背中の痛み・お尻が痛い・背骨が痛い・足をつくと腰が痛い・ぎっくり腰を繰り返す・腰痛で気分が落ち込む・腰が疲れる・鈍痛・片方・右側・左側の腰痛・疲労など 

椎間板ヘルニア

ヘルニアの症状も多く来院されています。
ヘルニア出っ張り・椎間板狭小・手術しかないと言われた・しびれ・足をつくと痛い・坐骨神経痛・座ると痛い・デスクワークで痛い・安静にすると痛い・安静にすると楽になるなど

脊柱管狭窄症

狭窄症の症状も来院されます。
間欠性跛行・歩くと痛い・歩けない・狭窄症と言われた・シビレ・神経痛・反らすと腰が痛い・背中が伸びない・高齢者・お年寄り・旅行に行きたい・歩きたいなど

坐骨神経痛

足が痺れる・お尻が痛い・足をつくと痛い・坐骨神経痛と言われた・足が重い・歩くと痛む・冷えると辛い・慢性的な神経痛・マッサージに通っているなど

五十肩

五十肩・四十肩・肩・腕が上がらない・夜寝ると痛い・夜間痛・拘縮・肩を動かすと痛い・腕が重い・だるいなど

045-363-0533